ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

国際プロトコール(マナー)・コミュニケーションアドバイザーを取得し、スキルアップしてきました!

 

こんばんは。
片瀬慶子です。

私はこの二日間で
国際マナー(プロトコール)・コミュニケーション アドバイザー
の資格を取得してきました。

 

マナー、というとどのようなイメージですか?

堅苦しそう、難しそう、という声が聞こえてきそうですが・・・

 

国際マナーなので、日本はもちろん、国際的な視野で学ぶことができました。

分かりやすいポイントなども知ることができ、有意義な二日間でした。

 

一番実感したのは、マナーは一生使うもの だということです。

 

そうですよね~

日々取り組んでいかなければ、いざというときに使うことができません。

 

例えば、毎食ごと使う、お箸とお椀の正しい持ち方、知ってますか?

二日間の講座では習いませんでしたが、実はお茶碗、お椀、お箸の持ち方にもルールがあるんですよ。

高級料亭や、天ぷら屋さんでチェックされてないか、ドキドキですよね。

 

2020年にはオリンピックも開催されますし、日本人として恥ずかしくないマナーを身につけておきたいですよね。

小さなお子様をお持ちのお母様、就職活動を控えている学生の方、社会人だけれどマナーに自信がないという方、それぞれの立場に応じたマナー講座を開催する予定です。

その際にはこちらでお知らせさせていただきますね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。