ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【11月の服装 レディース】2017年のトレンドと、暑くても寒くてもおしゃれに見える服について

 

こんにちは。
「理論」と「視覚」で似合うファッションを提供している
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日は11月のファッションについて。

ここ数年間の11月は、まだ暑かったり、雨が降って急に寒くなったり。
そういう、気温が読めない日が多いです。

 

衣服を着る最初の目的である、
暑さ寒さを防ぐ、という観点からすると、
考え直さなければならないほどの気候変動ですよね。

 

そうすると、
撥水性、透湿性など、
機能性の高い服が望まれるようになるでしょうか。

 

この季節、よく質問を受けるのが、コートを着る時期についてです。

あなたが訊かれたら、なんて答えますか?

 

大学で習ったのですが、
「コートは15℃になったら着ても良い」
と元アパレルデザイナーの先生が言ってました。

 

なので関東や東海地方は、11月はトレンチコートが着られます。
もちろん、着なくても良いです。

 

では、もし大雨になって、すごく寒い日はどういうものを着ればいいでしょうか?

あなたはどう思いますか?

考えてくださいね。

 

この時期、濡れると乾きにくいウールのコートはおススメできません。

なぜかというと、ウールは風を通しやすいから。

 

これもまた、大学で素材について、実験や研究をしましたが、
寒い季節はダッフルコートに使うような目の詰まった素材でないと、
裏地がないコートは着られません。

 

なので裏地がないものをどうしても着たい、という方(特に寒がりの方)は、
体調管理に気をつけたほうがいいですね。

 

これは私が暖かいところで育った、ということも
要因の一つとも言えますけど。
旭川に住んでる知人は、冬でも室内で汗かいてます
からね。

 

そして、大雨の日は撥水加工してあるダウンなんかがおススメです。
それか、大きめのレインコートの中に薄手のダウンを着たり。

 

大雨で寒いと、トレンチコートでは対応できませんからね。
もしどうしてもトレンチコートを着たかったら、中に薄いダウンを
着たらいいです。

そして今年の秋冬は、チェックとボリューミーなファーに注目ですね。

チェックはトラディショナルなスタイルの定番ですが、
今年はクラシック回帰という風潮の中、英国調のチェック柄が目立っています。

特に、タータンチェックや千鳥格子など、伝統的なチェック柄です。

タータンチェックというと、スカートが一般的ですが、昨年はカシミヤの大判ストールが
流行りました。

今年もバッグなど、着こなしのアクセントとして持つ人が増えそうです。

なので、チェック柄がお好きな方は、今年の秋冬物にたくさん買い揃えておくと良いです。

 

ファーは昨年も流行りましたね。

今年は、プラダやミュウミュウのランウェイに登場したような、とびきりボリューミーなものがトレンドです。

ファーを贅沢にあしらったシューズやバッグ、ストールなどの小物ががさまざまなブランドからお目見えしています。
流行りに乗ったファッションを楽しみたい方は、ポイントで取り入れるところから試してみるといいのではないでしょうか。

 

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。