ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

これができれば大丈夫!知って得する和室のマナー

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

先日、友人の家に遊びに行って来ました。
最近の家は洋室&フローリングがほとんどですが、まだまだ客間は和室、
という家も多いです。

今日は訪問先で和室に通されたら、という基本的なことを書いていきます。
旅館に泊まりに行く、というときにも使えるので、読んでみてくださいね。

 

まず、和室では、床の間の前が上座になります。
もし床の間の前の席を勧められたら、そこに座ります。
席を勧められない場合には、入り口付近で正座して待ちましょう。

 

そして、和室でのあいさつは、必ず座ってからにします。
なぜかというと、立ってあいさつをすると、相手を見下すことになるから。
お相手も、あなたのお顔を見上げることになりますよね。

 

そしてあいさつした後、手土産などがあれば座って渡し、勧められたら座布団に座ります。
このとき注意したいのは、座布団を踏まない、座布団の上であいさつをしない、ということです。
座布団の横か下にいったん座り、にじりあがるのがマナーです。

 

座布団だけでなく、和室で踏んではいけないものがあります。
それは敷居。
敷居は家の象徴です。もともと畳の縁には家紋が刺繍してあったと言われています。
大事な家紋を踏みつける訳にはいきませんよね?
注意してくださいね。

 

床の間がない和室では、入り口から遠いところが上座になります。
間違いやすいのが、床の間が入り口のそばにある場合。
これは「下座床」と言い、入り口から遠いところも上座、床の間の前も上座というふうに、
上下関係がないようにつくられた部屋なのです。
とはいっても、この場合は入り口から遠くて、床の間がよく見えるところが上座と考えて
いいですよ。

 

本来、床の間は神様の寝床です。
私たちのご先祖様を祭った名残の場所です。

 

たまに旅館などで、床の間に荷物を置かれて困る、という話を聞きます。
床の間は神聖な場所なので、荷物などは置かないようにしましょうね。

 

今日は和室でのマナーについて、簡単ですが書いてみました。
読んだからOK、にするのではなく、きちんと実行してくださいね!
マナーは身に着ければ必ず自分のものになりますから。

 

ファッション、メイク、マナー、コミュニケーションについてあなたに合う具体的なアドバイスが
欲しい方は、無料相談でお話ししましょう。
何でも聞いてくださいね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。