ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

お菓子をいただくときのマナー~シュークリームや大福はどう食べるのが正解?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

この前、叔母の家に行ったときに、水大福を出してもらいました。

水大福は大好きなのですが、訪問先で出されると、少し困ってしまいますよね…

他にも、シュークリームや黄な粉がまぶしてあるお餅も食べにくいなぁと思います。

 

できれば、食べにくいお菓子も綺麗に食べたいじゃないですか。

それに、綺麗に食べられると、
「きちんとしつけられてる」
という印象を与えられますよね。

逆に食べ方が汚いと、
「マナーがなってないな・・・
もしかして、他にも至らないところがあるのでは。」
と思われてしまうことも。

 

招く側は食べにくいお菓子を出さないのがマナーですが、
どうしても食べたいから一緒にどうぞ、
ということもあります。

 

では、水大福はどうやって食べるのが綺麗に見えるのでしょうか?

 

大福もそうですが、歯形が残るのを嫌うのは、洋の東西を問いません。

一般的には添えられたようじの「黒文字」などで一口ずつ切って食べます。

 

と、簡単に書いてますが、実際にやってみると結構大変なのです。

お餅だから、簡単に切れないんですよね。。

 

このとき、試行錯誤してもお手上げの場合は、
「行儀が悪いのですが、かじってよろしいでしょうか?」
と了承を得て、ハンカチなどで口を隠して、少しずつ食べるのが
おススメです。

 

本当は、こういうときが懐紙の出番なのです。

懐紙で口を隠して食べると、マナーの行き届いた人
という印象を与えられます。

そして、水大福は大丈夫ですが、普通の大福は粉がこぼれる場合があるので、
膝にハンカチを広げると、後の処理がスマートに進みます。

ハンカチを広げると、床や洋服などを汚さないで済みますよね。

私も必ず持ち歩いています。

 

次は、シュークリームです。

シュークリームは、上の蓋が取れる場合、蓋を一口大にちぎって
中のクリームをフォークですくってつけて食べます。
下の部分はナイフがあれば、左から一口大に切ってくださいね。

蓋がない場合は、フォークを横にして、左から一口大に切って食べます。
上手に切れない場合は、大福のように断りを入れて、手で口を隠してかじります。

 

他にも、信玄餅のような、黄な粉をまぶしてあるお餅も大変ですよね。

この場合は、ようじを使って餅と餅の間に隙間を作り、
黄な粉を落として黒蜜をかけると上手に食べられますよ。

今日書いたこと、ぜひ試してくださいね!

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。