ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【早く彼が欲しい女性へ】独りよがりの婚活ファッションから脱却する方法

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日は俗にいう、婚活ファッションについて、私の意見を

書いていきますね。

 

 

その前に、婚活ファッションという言葉、私は嫌いなんです。

 

じゃぁ、使うなよ!っていう話なんですが・・・

 

検索に引っかかりやすくて、分かりやすい

ので、便宜上、使いますね。

 

 

婚活ファッション、恋愛のためのファッションって、

よく言われるのが

フリフリした服装

いわゆる良いところのお嬢様のような服装

なのではないでしょうか。

 

 

これって、とっても良い考えだと思うんです。

 

 

では、なにが良いのか?というと、

 

ストライクゾーンが広くなるから

 

なんですね。

 

 

あなたが男性になったことをイメージしてみましょう。

 

男性は、パンツを穿きますよね?

おそらく、一般常識的には、スカートを穿く男性は少数派だと思います。

 

そこで、合コンや、お見合いパーティーなどの出会いの場で女性がパンツを穿いていたら・・・

「俺と同じじゃん!」

って無意識的に思うと思うんですよね。

 

要するに、パンツ=男性的

に見えてしまうという訳なんです。

 

 

そう考えてみると、ストライクゾーンを広げる、という意味で

女性らしい服装を心がけたほうが良い、

ということが分かりますよね?

 

 

では、あなたが

スカートは嫌!

流行のアイテムを着たい!

自分好みのファッションに身を包みたい!

という考えだったら・・・

 

 

これも、考えてみましょうか。

 

好きな服を着ていたら、声をかけてもらいにくいかもしれません。

ストライクゾーンは減るかもしれませんよね。

でも、あなたはきっと、幸せなはずです。

 

だって、大好きなファッションに身を包んで楽しんでいる訳ですから。

きっと、女友達にも

「いつもおしゃれね」

って言われてると思います。

 

それに、あなたは

「私のファッションを理解してない男なんて嫌だわ!」

と思ってるのかもしれませんね。

 

せっかく物が豊富な現代に生まれ、女性に生まれたのだから、

あなたの好きなファッションを楽しみたい、

という気持ちはありますよね。

その考えはとても共感できて、ウンウンと頷いてしまいます。

 

 

つまり、一般的に良いと言われている婚活ファッションに身を包んでも、

独りよがりの婚活ファッションを選んでも、

ファッション大好きな人にありがちな自分が好きなものだけを着ても、

どちらにしても幸せ、ということなんですね。

 

 

そうすると、必ず幸せになれるんだったらどうしたい?という話なんですよね。

 

 

もし、あなたが失敗しないですぐに彼氏を作りたければ、

私たちコンサルタントに第三の選択(好きで似合う、なお且つ男性受けするファッション)

を教えてもらうのもいいと思いますよ~

 

 

どれを選ぶのも、あなたの自由なんですよね。

 

たとえ遠回りしたとしても、そこにあなたの学びがあるので。

 

それに、彼氏を作る、結婚する、

と決めたら、必ず達成できるようになっていますし。

 

どれを選ぶか、あなたが決めてくださいね~

 

私は一生懸命なあなたのこと、応援してます♡

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。