ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【静岡 体型分析(骨格診断)】似合う眼鏡はあるの?~ 女性が美人度アップできるメガネの選び方ー基礎編

こんばんは。

イメージコンサルタント 片瀬慶子です。

 

 

メガネは顔の中心にくるものなので、結構目立つアイテムです。

 

一つ買うのに結構時間がかかりますので、失敗したくないですよね・・・

 

 

今日は、私の母の話を。

先日、母のメガネが壊れたんですね。

私はメガネを壊したことがないので、なぜメガネが壊れるのか

わからないんですが、とにかく、母のメガネを新調しなければならない

自体に陥ったのです。

 

 

そこで、メガネの選び方を母にきかれました。

 

「お母さんって、どんなメガネが似合う?」と。

 

私はこう答えました。

 

「顔の輪郭に合うものを選べばいいんだよ」と。

 

顔の輪郭、つまり、フェイスラインです。

 

似合う眼鏡は、フェイスラインを鏡で確認するところからはじめます。

 

フェイスラインというと、面長、丸顔、ベース型、卵型、ダイアモンド型、逆三角形・・・

と、色々あります。

 

まず初めに、フェイスライン(お顔の輪郭)を確認してから、

メガネのフレームを選ぶと、失敗することがなくなります。

 

 

ところで、なぜ私がこのことを書こうかと思ったのかというと、

メガネって、なかなか買わないじゃないですか。

(中にはコレクターの方もいらっしゃるかもしれませんが…)

 

 

私はコンタクトとメガネ、両方使うので、

よほど度が下がったときか、今まで使っていたメガネが飽きたときしか

買わないんです。

 

あまり買わないものだからこそ、買うときは失敗したくない

そんな心理が働きませんか?

 

それに、ブランド物とかは、高いですよね?

 

フレームだけで6万とか。

それにレンズが加わってくるわけです。

そうすると10万くらいになる場合もあるんです。

 

頻繁に買わないし、かといって変なものも手元に置いておきたくない

だから似合うものを知って、できれば

「あっ メガネ変えたんですね。雰囲気が違ってステキ~」

と言われると嬉しいな、と思います。

 

 

もちろん、お店に行って、

「これ好き!気に入った♡」

というものを選んでも、いいんですよ~

 

気に入ったもののほうが長く使えると思いますし。

 

お気に入りのものを、見つけてくださいね。

 

 

今日は似合う眼鏡を知るにはフェイスライン(お顔の輪郭)を

知るといいですよ、ということをお伝えしました。

 

 

次回はもっと似合うものを選びたい、という方に向けて

書きますね。

 

 

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました♡

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。