ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【静岡 似合う色診断】パーソナルカラー診断を受けるメリットとは?受けてみたい人は読んでください。

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

パーソナルカラーとは、あなたに似合う色、つまり、
あなたの魅力が引き立つ色を診断するものです。

 

「どの色でも、大して変わらないだろう」
と思うかもしれませんが、私は3つのメリットがあると考えています。

 

1.話しかけられやすい雰囲気になる
2.今以上にきれいになり、見た目に自信がもてる
3.似合う色の服やメイクだけを買うと、節約できる

 

特に、話しかけられやすくなる、というのは、自分から話しかけるのが苦手、自己アピールが苦手、という方には、メリットが大きいのではないでしょうか。

例えば初対面の人と会う場合、話す前から、人は無意識レベルで
「この人と話したい」とか
「この人はちょっと・・・」とか
一瞬で決めてしまっているものです。

 

できれば、話しかけられたいですよね

 

私は1対1なら大丈夫なのですが、人前で話すときや緊張する場面等、服の力、色の力に助けられてきました。

 

 

必ずしも受けなければならない、という訳ではありませんが、
似合わない色を着ていると

老けて見える
元気がなさそうに見える
クールで冷たい人と思われる

ということも起こりえます。

 

「外見だけで人を判断するなんて・・・」

と思うかもしれませんが、話しかけかけられやすい雰囲気を出すのは、
その後も良い関係を続かせるのには大切なことだと思うのです。

 

それには、あなたに似合う色を知っておくのが一番の近道ではないでしょうか ^ ^

 

ちなみに、自分に似合う色を身に着けると、ご自身がお持ちの魅力が最大限に引き出されます。

似合う色を身につけることによって、よりイキイキと若返ったり、上品で清楚な感じになったり、セレブで華麗な感じになったり、はたまた知的でカッコいい感じになるなど、本来その人が持っている魅力をさらに引き出すことができるのです。

 

魅力の出方は人によってさまざま、それこそ星の数のように千差万別です。

 

逆に、自分にマッチしない色を身に着けると、くすんで老けて見えたり、青白く不健康に見えたり、キツそうに見えるなどが起こります。

「気に入って買ったのに、いざ着てみるとイマイチ」という現象は、ご自身のカラータイプに似合わない色の服だったから、ということが多いです。

 

それに、自分の魅力を知っていると、美人な人と比べて凹んだり、逆に相手をさげすんだり、ということもなくなりますよ。

 

私は、昔から童顔で色黒の自分が嫌で仕方なかったですが、似合う色を知ったことで、色白に見え、想像以上に大人っぽくなることができました。

「もっと早く受けてれば、こんなに悩まずに済んだのにー」

と思ったくらいです。

 

悩みがあった頃の私は、

彼からの連絡が遅くなるたびに、
結婚相談所でお見合いに至る前に断られるたびに、

「もっと美人に生まれてれば・・・」

と、自分のことが恨めしかったです。

 

今ではそういう記憶は忘れかけていますが。

 

たくさんのお金を持っておしゃれになれなくても、
超絶美人でなくても、

あなたの未来は変わりますから、大丈夫ですよ

 

 

服を選ぶときは、

「相手にどう見えているか?」「どんな自分に見せたいか?」

という、客観的な視点をプラスして、色を選ぶことを意識してみてくださいね。

 

そうすれば、色の力と相乗効果で、自分の持つ個性や魅力をしっかりアピールすることができますよ。

ぜひ、毎日を楽しまれてくださいね☆

 

いつもあなたのことを応援しております。

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。