ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

私ってなんか地味・・・変わりたい人が初めにやったほうがいいこと

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

最近、私の周りでは
華やかになりたい!
地味なファッションを卒業したい!
という女性の方が増えてきました。

 

夏だからでしょうか?

 

あなたはお花のように明るくて華やかな方、
素敵だと思いませんか?

 

地味な印象から抜け出したい!
華やかになりたい!

という場合は、カラフルな色を味方につけたほうが早いです。

 

もし、
「地味な印象を、一番最初にどこを変えればいいですか?」
と訊かれたら、迷わず

「まずは色を変えてくださいね」

とお伝えします。

 

それほどまでに、色の効果は絶大なんですよ。

 

 

色を変えるだけでそんなに効果があるの?

と思うかもしれませんが、

実は、地味な印象から抜け出したい、とおっしゃる方には

共通点があるんです。

 

それは

色が無い

ということ。

 

色がない、というと、
こんな感じの、
白・黒・グレーを想像するかも
しれませんね。

20160701

私のクローゼットも、一時期はこんな色ばかりで占められてました。。

黒やグレーはデザインや素材で粋な着こなしができて、
クールでカッコいいんです。

 

ただ一方で、それだけで組み合わせてしまうのは難しいのです。

 

そして、普通に何も考えずにコーディネートしてしまうと、
ただの暗ーくて重たい雰囲気の人に見えてしまうんです。

人によっては、女性らしさに欠けて、ハードなイメージを
与えてしまう方も。。
(婚活されている人は、かなり内面に自信がある人じゃないと、モノトーンコーデだけで素敵な人 と思われるのはちょっと厳しいかも…)

 

そして、ある方は、ベージュを中心にコーディネートされています。

20160701-2

ベージュは茶色より薄く、明るさを感じますよね。

先ほどの白・黒・グレーなどの無彩色よりは
まだいいかもしれませんね。

でも、ベージュだけではお顔の色と同じように見えてしまうと
思いませんか?

ベージュだけでまとめると、お顔の色と同化して、ナチュラルすぎてしまうんです。

 

 

女性のファッションは、男性のファッションより、たくさんの色を使ってます。

ファッションって、お洋服だけではありませんよ。
ネイルや、コスメ、バッグや靴。

 

私達の周りには、色とりどりのカラフルな色が溢れてます。

 

 

では単に、明るい、鮮やかな色を使えばいいの?というと、
それは少し違うんです。

 

色には、
お顔をパッと一瞬にして輝かせる色と、
逆にお肌に乗せると
くすみや濁りを感じさせ、寂しく見えてしまう色
があります。

 

せっかく色を使うのに、これではもったいないなぁと思うこともしばしば。

 

ぜひ、あなたを明るく引き立たせてくれる色を知っていただきたいな、と思います。

 

周りに溢れる色とりどりの色。

それを変えるだけであなたの美しさが輝きはじめます。

あなたの魅力が際立つんです。

 

色を使えば、誰でも
明るく華やかになれるんですよ♡

 

ぜひ、あなたに似合う色をファッションやメイクに使って
イキイキと楽しい毎日をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。