ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【骨盤矯正の効果を上げる方法】骨盤矯正を受ける前にやっておきたい大切なこと

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日は、リフレクソロジーと仙骨調整(骨盤矯正)に行ってきました♪

 

私は魚の目ができやすい体質です。

魚の目って、知ってますか?

足の裏にできる、アレです。

魚の目ができると、かかとを地面につけるのが痛いんです。

それを、今回は2ヶ月も放置してました。。

取ってもらったお陰で、今はスッキリしてます♪

あ、メインはリフレクソロジーなんですけどね。

 

リフレクソロジーとは・・・
反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平などを含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が
起こるという考えに基づき、疲労の改善などをはかる療法である。Wikipediaより

 

リフレクソロジーって、すごーく分かりやすく例えると、ツボみたいなもんです。

 

そして、魚の目を取ってもらった後、リフレクソロジーも受けました。

もうね、両足とも痛くて痛くて…

思わず

「イタッ イタタ!」

って言ってました。

 

胃腸と腰が悪いみたいです。

…みたいです、
じゃなくて、当たってます!

胃と腰、すごーく痛いんですよね。。

特にが!(痛いので強調)

 

お店のスタッフの方は、私が「痛い~」と言っても、手を緩めずに施術してくれます。

そのおかげで、スッキリしたからいいんですが…

ついでに、かかともツルツル、スベスベにしてもらいました♡

 

そして、いよいよ仙骨調整です。

仙骨調整を受けるのは初めてで、骨盤矯正と同じような効果があるそうです。

 

ベッドに寝て、ウトウトしながら、何気なく、

「仙骨調整ってなんですか~?」

って訊いてみました。

 

スタッフさんは、

「仙骨という骨の周りを調整するんです。

でも、いきなり全部動かすのはお勧めしませんよ。

身体って、その状態で上手くバランスをとっているので、

次の日に他のところが痛くなってしまうんです。」

この時点で、

私「なるほど。確かにそうですね~」

 

そして、そのあと、スタッフさんから衝撃の一言が!

「あのね、骨盤矯正や仙骨を動かしても、意味ないですからね。

先に筋肉をほぐさないと。

と。

 

私の頭の中では、

「え~!! それもっと早く知りたかった!!!

今まで骨盤矯正に払ったお金っていったい。。。」

 

私はかれこれ10年近く、月に1度ほど、骨盤矯正に通ってたんです。

どおりで効果ないや、と思ってました。

いえ、正確には、すぐ元に戻っちゃうんだけど・・・

と思ってました。

 

今調べたら、こちらのサイトに詳しく載ってました。

 

このサイトをざっと読むと、骨盤のゆがみは骨盤矯正より先に、筋肉を緩めること
のほうが、重要なんですね。

 

その情報、もっと早く知りたかったです・・・

でも、今日知ることができたからいいか♪

 

ということで、この記事を読んでくださったあなたは、腰の痛みがあって骨盤矯正に行く前に、
ぜひ、筋肉を緩めてから受けに行くことをおススメします。

 

では、今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。