ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

静岡でパーソナルスタイリスト(個人向けファッションスタイリング)を始めました!

 

私は今の職業になる前まで、雑誌を読んだり、ショップ店員さんを参考にしたりして、自己流でおしゃれをしてきました。
それが悪いという意味ではなく、いつまでもそれらを参考にしていたら、いつまでたってもおしゃれの枠は広がらなかったなぁ、今はおしゃれが楽しいな♡ と心の底から思ってます。

正解、不正解はありませんが、サクッと見た目を変えて目標に進みたい方は、記事を読み進めてくださいね。

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

静岡で、個人向けファッションスタイリングを始めました。

まだまだなじみのないこの職業。

イメージ的には、個人専用のファッションアドバイザーのような存在です。
なのでご一緒にショッピングをしたり、ご自宅でお洋服の整理をしたり、着こなし方もアドバイスいたします。

 

では、ショップのファッションアドバイザーさんと何が違うのか?というと。

大きく分けて2つの特徴があります。

1つは、個別にファッションインタビューを設け、お客様が何に困っているか、どうなりたいかを具体的にお伺いしていること。

2つ目は、1つのお店だけでなく、複数のお店を効率よく見て回ることができること。

 

1つ目の特徴にとても効果のあるのが、「質問力」です。
私はお客様に短期間で狙った効果を出していただくために、「質問力」を磨くこともマスターしました。
これにより、お客様は目標に向かってスルスルと早く進むことができるのです。

そしてなぜ、複数のお店で購入できるのが良いかというと。
よく言われるのが
「コートは良いものが欲しいけど、トップスは安くていいからたくさんほしい。」
「普段着はベーシックで着回しできるのを着るけど、流行のアイテムも取り入れたい。」
という、お客様のご要望に柔軟に答えることができるのです。

そして、お客様に満足していただく服を選ぶことが最優先ですので、
無理に洋服をお勧めすることはありませんし、ショップとの提携もしておりません。

 

では、パーソナルスタイリングを受けると、どうなるのでしょうか?

人によって目的や目標は様々ですが、

・流行に乗ったおしゃれよりも、自分らしい装いを楽しめる
・トレンドのものを程よく取り入れて、「好きで似合う服」を予算内で買うことができる
・「自分が本当に着たい服」を着られて、毎朝のコーディネートが楽になる
・仕事で信頼される見た目になって、営業力が高められる
・スタイル良く見える服を着られるので、異性からモテる
・コーディネートの幅が広がるので「おしゃれ」だと思われる
・「似合う服」だけを残してクローゼット整理ができる

という効果があります。

 

見た目が整うと、自信がつきます。

自信がついたあなたの、叶えたい夢は何ですか?

 

あなたの夢や目標にスムーズに向かうために、見た目を磨くのはとても大切です。

 

個人向けファッションスタイリングは、以下のような方が受けてくださっています。

・自分に似合う色や服の形を知りたい
・自分の体型に似合う服を買うのが難しい
・今まで着ていた服が似合わなくなったので、何を着ていいか分からない
・お店に入りづらくて、一人での買い物が苦手だ
・何を選べばいいか分からなくて、一人では買い物できない
・婚活のために見た目を良くしたい
・プレゼン、謝罪やクレーム対応など、より仕事が円滑にいくために、仕事服を考え直したい
・たくさんの服を持っているのに、全ての服を活用していない
・いつもワンパターンな組み合わせなのでおしゃれに見えない
・少ない服でもおしゃれに見せたい
・洋服のことが分からないので、基本的なことから知りたい

 

では実際は、どのようなことをするのでしょうか?

当サロンでは、以下のサービスを受けることによって、あなたの目標や目的に最短距離で近づけます。

 

お客様に最適なものをご提案するのが私のサービスです。

 

私が特に得意なのはファッションスタイリング。
先日、お子様がいらっしゃる方のファッションスタイリングをご提案させていただきました。

 

その方は、カジュアルファッションから抜け出し、大人の女性らしいエレガントな服で、且つ子どもがいるので動きやすいファッション、というテーマでした。

 

一口にエレガントや女性らしく、と言っても、色々なイメージがありますからね。
そのイメージのすり合わせも大事です。
イメージのすり合わせは特別な質問を通して、お互いの意思疎通を図るんですね。
ご提案した服を、お客様にとても気に入ってもらうことができました。

 

服って大事ですよね。

 

だって、ただエレガントなファッションだけだったら、8割くらいの方はわざわざお金を払ってまでスタイリングを依頼しようとは思わないじゃないですか。

 

この、エレガントに見せたいけど動きやすさも取り入れたい、という希望を叶えるのが私の仕事です。

「きれいな女性」と言われたい。
パートナー様から「もっとおしゃれしてほしい」と言われた。
「お母さんからのファッションチェックから逃れたい」

そういうお声もたくさん聞きます。

 

そしてその、自分では思いつかないファッションスタイリングという可能性にかけて、お申込みしてくださってるのだと思うんです。
会ったことのない私に対してありがたいなぁ、とひたすら思います。

 

また少し、話がそれてしまうんですが、私は中学2年生まで、ショートヘアーでした。
そんな自分がたまらなく嫌でした。今でもその髪型の写真を見たくないくらいなんです。

私は7歳のころから叔母が買ってきたCLASSY.や25cansを読んでたので、ずーっとあんなエレガントで可愛らしいファッションに憧れてたんですね。
でも、子ども心に、ショートヘアーじゃ、そんな服は似合わない…と思ってました。
ピアノの発表会や叔父叔母の結婚式で、ドレスやワンピースを着させてもらったのですが、ヘアスタイルのせいで、どうやっても似合いませんでした。

そんな自分が嫌で嫌で、ファッションの勉強をしたり、祖母に習いながら服をつくったりしてました。
それで念願が叶い、ようやく独立することができました。

写真嫌いは相変わらずなので、自分やお客様の写真は少ないと思います。
そういう私ですが、よろしくお願いします。

 

そしてこれからも、ファッションやメイク、マナー、コミュニケーション、お金との付き合い方について色々発信していきます。

興味を持ってくださった方にお申し込みをしていただきたいのはもちろんですが、伝わる文章を書いていくつもりなので、記事を隅から隅まで読んで、あなたのファッションやメイクなどに取り入れると、ますますあなたの美に磨きがかかりますよ。

楽しく”憧れの見た目”になりたい、あなたのことを応援してますね♡

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。