ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

恋愛と見た目の関係性②

 

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日は、こちらの記事の続き、
「健康・命は結局何につながるのか」
について、掘り下げていきますね。

 

健康は誰もが求めていると思います。

その、健康や生命は結局何のために必要なのか、というと・・・

 

・食料を得るため(=お金を稼ぐ)

・異性を獲得するため

なんですよね。

 

これって結局、「人間は何のために生きているのか?」ということなんです。
ちょっと哲学的な言い回しですが。

 

食料の獲得は、生きるために必要ですよね。
食べるから生きることができる、とも言えます。
言い換えると、食べることは生きることにつながり、
生きているから食べることができます。

 

では、異性の獲得は何のために必要か?ということです。

私たちは、食料やお金があったとしても、
命が永遠に続くわけではないですよね。
どんなに食料を獲る能力に長けていても、
残念ながら、いつか肉体は滅んでしまいます。

 

でも、子どもをつくり、自分の遺伝子を残すことができれば、
自分が生きた証拠を次の世代に引き継ぐことができます。

 

そして、私たち人間は有性生殖なので、
遺伝子を次の世代に送るには、異性を獲得しなければならない
のです。

 

つまり、異性を獲得するのも、私たちの命を次につなげるために
必要なんですね。

 

有性生殖とは・・・
2つの個体間あるいは細胞間で全ゲノムに及ぶDNAの交換を行うことにより、
両親とは異なる遺伝子型個体を生産すること。(Wikipediaより)

 

そしてこの、「食料を獲得すること」と「異性を獲得すること」を
叶えるための能力。

 

それは、自然淘汰と性淘汰によって、進化してきたんです。

自然淘汰とは・・・
過酷な自然環境に対応するべく、突然変異によって、より生きることに適している遺伝子が、
より多く広く広まって他の遺伝子を追い払うこと。(Wikipediaより)

性淘汰とは・・・
異性を獲得するために、同種のライバルとの戦いに勝ち残るように、
競争を通じて起きる進化のこと。(Wikipediaより)

 

つまり、食料を獲得するためには、どうしても自然淘汰による進化が必要
になって、異性を獲得するため・自分の遺伝子を次の世代につなぐために
性淘汰による進化が起こったんです。

 

言い換えると、私たち人間や、ほかの生物は
生きる理由を満たすために必要な進化をし続けてきた
ともいえるんです。

 

何度も言うように、人間は、有性生殖でしか子どもを生むことができません。

 

となると、異性を獲得する能力を進化・発展させることは、
食料を獲得する能力(=お金を得る能力)を進歩させることと
同じくらい大切なことだということが分かってくるかと思います。

 

では、”異性を獲得する”、つまり、ライバルと差があるのを簡単に
知ってもらうには、どうすればいいのでしょうか?

 

長くなってしまったので、続きは別記事にしますね。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。