ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【サッシュベルトとは?】ワンランク上のサッシュベルトコーデになれる方法

こんにちは。

イメージコンサルタント 片瀬 慶子です。

 

 

最近、トレンド入りしているサッシュベルト。

ショーウィンドウでも、よく見かけますよね?

 

 

サッシュベルトとは・・・

柔らかい素材でできた比較的太めのベルト。

ベルトとして実用的に使うというより、

ウエストマークなどの飾りに使う場合が多いです。

 

そしてこの、サッシュベルトですが、おしゃれ好きな方は

当然チェックしてると思います。

 

そんな中、たまに聞こえてくるのが

「どうやって使うの?」

という声。

 

今日は、サッシュベルトをどう使ったら更にあなたが素敵に見えるか?

をご紹介していきますね。

 

その前に、サッシュベルトは幅が太いので、松田聖子さんや神田うのさんなど、

骨が細く、体がカーヴィーな方がスタイル良く着こなせるアイテムです。

 

そうでない方は、ベルトをした部分(=ウエスト)が目立って見えてしまう、

ということを忘れないでくださいね。

 

もちろん、色の選び方によって、ウエストを目立たせなくさせるのは十分可能です♫

 

ということを踏まえた上で、ポイントを絞ってご紹介します。

 

サッシュベルトをスタイル良く着こなすには

1.ベルトはトップスと共布、もしくはできるだけ似た色のベルトを選びます。

例えばこんな感じで。

出典:http://wear.jp/item/19326384/

こうすると、ウエストマークしても、ベルトと生地が同じ色なので

比較的縦のラインになります。

縦のラインに見えるということは、脚が長く見える、

という効果があるんです。

 

2.ベルトの結び目を下に垂らす。

こんな感じです。

出典:WEAR

ベルトを下に垂らすことで縦線効果が得られます。

ウエストマークすると上下が分断されますが、

ベルトを垂らすことで分断されずに中和されます。

 

3.羽織りものの下にベルトをする。

こんな感じです。

 

 

出典:WEAR

この場合、ロングコートがおススメです。

というか、ロングコートでないと意味ないです。

なぜかというと、ベルトをしていてもロングコートを着ることで

脚を長く見せる効果が得られるからです。

 

トレンドのサッシュベルトを、いかにスタイル良く見せるか?

ということをポイントを絞って書きました。

 

ベルトを使って太く見せるか、それともスタイル良く見せるか、

そういうことも操作可能なんですね。

 

そしてそれがどうしてできるのか?というと、

自分の体を知り尽くし、バランスよく見せるコツを

知っているからできるんですね。

 

自分の体のこと、知っていても知らなくても、大丈夫です。

 

ただ、知っておいたほうが失敗しないで選ぶことができるように

なれるんです。

 

そして体のサイズのことを知り尽くすと、どこをどう魅せたら

スタイル良く見えるかがはっきりしてきます。

 

スタイル良く見えると、男性からもモテますからね♡

男性は視覚で恋する生き物なので。

 

大勢の方に見られたり、出会う機会がある方は

外見づくりを「見られている前提」で整えてみて下さいね。

私なんか・・・と思っていると多くのチャンスを逃してしまいます。

 

それでは、今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。