ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【9月 残暑の服装 レディース】おしゃれって言われる、秋のファッションとは?

 

温暖化が進み、9月になってもじっとりと汗ばむ。
まだ暑いですよね。

 

今日はそんな暑い日でも、一歩先行くおしゃれな人と思われるにはどうすればいいのか?を解決してしていきましょう!

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

この記事を読んでくださるあなたは、かなりのおしゃれさんですね~
私はおしゃれのこと考えるだけで、楽しいです♫

 

9月は秋だと思ってますが、どんどん秋は短くなっています。
ということは、秋の服をたくさん買っても、そもそも着られる時期が限られてくるのです。

 

そういう、いわゆる端境物(はざかいもの)と呼ばれるものをたくさん持っていても、クローゼットの場所を取るだけなんですよね。
もしあなたが賃貸でお部屋を借りてるのだったら、着ない服にも賃借料がかかってくるわけですから。

そういう要らないものにお金をかけるの、もったいなくないですか?

 

すみません、話が脱線しました。

 

9月のファッションですよね。

もうズバリ、おしゃれと言われるには、
季節感を先取りする
につきる。

 

この、季節感を先取り、と言われてもピンとこない方のために。

 

季節感とは、その季節らしいもののこと。

9月。どんなに暑くても暦の上では秋です。

 

なので秋らしさを感じさせるのが季節先取りなのです。

 

 

では秋らしさを感じさせれば何でもいいのか?というと、そうではありません。

 

だって、いくら秋といっても、何度もお伝えしてるように、暑いじゃないですか!

全身、秋物を着てしまうと、ただの暑苦しい人になってしまいます。
これだとあなたも暑いでしょうし、そばで見てる人にも暑苦しさが伝わってしまうのです。

 

 

では、そんな暑苦しい人と思われないためにはどうすればいいのか?ですよね。

 

それは全身の、どこかの部分に秋らしさを取り入れること。

 

秋の素材というと、コーデュロイやヴェルヴェット、サテン、スエードじゃないでしょうか。
(私個人の意見です)

そういう素材って、秋の、斜めからの太陽光に映えるんですよね。
ということは、光を受けて陰影ができるのです。
その陰影が秋らしい日差しであり、その”秋らしさ”を際立たせるため
陰影がはっきり出る素材が良い、ということになります。

それで、コーデュロイやヴェルヴェット、スエードは毛足が長いので、
印影がはっきり出るのです。

他にはキラキラしたサテンとか、いいなぁと思います。
サテンは夏だと、太陽光が頭の上から当たり、まぶしすぎるのです。
なので秋の日差しが丁度良い加減となります。
サテンのプリーツスカートとかでカフェでお茶してたら、流行りものを着てるよりよほど素敵です。

 

ほんの少しだけ秋らしさを取り入れることで暑苦しい人から卒業でき、尚且つ季節先取りをしてるおしゃれさん!とみなされます。

秋らしさをどこに取り入れるかはあなた次第。
ブラウスに施されたヴェルヴェットのリボンとか、スエードをほんの少しとか。
羽織りものでも小物でも。
何でもいいんです。

 

素材を徐々に変えていき、人より先行くおしゃれさんになってしまいましょう!

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。