ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【年相応のファッションをしたい!】30代女性に似合う服装の見つけ方

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

もしあなたが、私のコンサルティングを受けたのと同じように
お手持ちの服の違和感の原因を探し出したい場合は、
全身を鏡で見ながら「おかしいな」と感じるポイントを
一つずつ丁寧にチェックするのがおススメです。

ご自分の姿をしっかり見ることから、似合う洋服選びがスタートするんですね。

続けていけば、だんだん似合う洋服のポイントが見えてきますので。

 

そして、似合う服のポイントが分かってくると、
ブランドを「自分だけの基準」で選ぶことができるようになります。

例えそのブランドが自分の年齢よりも若い人向けに作られているように感じても、
あなたに似合うデザインで、体にフィットしていれば、何の問題もありませんからね。
(あまりにもプチプラは違う意味で要注意です)

 

私がコンサルティングさせていただくときには、体型分析やお顔立ちの分析を通して
1から似合う服の分析を行っていってます。

そうすると「なぜ、手持ちの服が似合わなく感じてきたのか」が
おもしろいくらいわかります。

 

例えば、丸首のノーカラージャケットを着ると子どもっぽく見える、
と悩んでいた女性は、フェイスラインが丸みを帯びていて、年齢より幼く見えるのが
原因でした。

それなら、ジャケットをテーラードジャケットにしたらどうですか?
と、ご提案しました。

テーラードジャケットでVのラインを胸元に作り、きちんと感を演出すると、
見違えるように素敵に変身されるんですよね~

 

 

また、多くの人がアラサーになると
今まで着ていた洋服が、急に似合わないと感じ始めることが増えてきます。

 

そして、これからどんな服を着ればいいのか、
どこで洋服を買えばいいのか、
ますます悩んでしまうんですよね。

 

では、なぜこんな変化が30代に急に起こるのでしょうか?

 

・・・・それはやっぱり、
年を取るせいです。

 

30代になると若い頃に比べると顔色も少しずつ悪くなってきますし、
お顔の艶やハリも少しずつなくなってきます。

 

要するに、年を重ねるとお肌の質感が変わるということ。

そして体型がだんだん崩れ、
男性は、メタボが気になってくる方も。。

どうしてもこればかりは、仕方がないんですよね。誰もが通る道です。

もちろん私も通りましたよ。

 

今まで似合っていた服が30歳前後になると似合わなくなる、
その原因は、20代だから似合っていた、からなんですよね。

若さでなんとか服を着こなしている状態です。

 

そして30代になると、どうしても外見に変化が現れます。

すると似合わない服を着こなしていた土台がぐらつき、
「似合わなさ」が目立ってしまうようになる、というわけです。

 

だから、もしあなたが30代になって
「なんだか最近、持っている服がイマイチ似合わないなぁ」と感じているなら
それは決して「年を取ったせいで似合わなくなった」わけではないんですよね。

元々、あなたにとって、似合わない要素を持つ洋服だったのです。
(断言してしまってスミマセン)

 

ここで気づいたあなたはラッキーですよ。

あなたに似合う服は他にもある、ということですからね♫

 

ピンチはチャンス!

「なんか似合わない・・・」と思ったときが、ファッションを見直すチャンスのとき。

あなたは今よりもっと素敵になれますから♡

 

あなたに似合うものを知って、
あなただけのおしゃれを楽しみましょうね!

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。