ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【観劇のマナー】舞台鑑賞のときのコートや荷物はどこに置く?

 

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

先日、渋谷へ友人とお芝居を見に行ってきました♪

ミュージカルやお芝居っていいですよね~

日常生活が潤う、別世界を味わってきました♡

 

 

私たちは土曜日にお芝居を観てきたんですが、お芝居を平日の仕事帰りに

観る方もいらっしゃいますよね。

 

 

お芝居を観る劇場は、大きな荷物やコートをクロークに預けることができます。

クロークでは、大きな荷物や嵩張るコートなどを預かってくれるんですね。

 

 

でも、全ての劇場に大きな荷物などを預かってくれるクロークがあるとは限らないんです。

ロッカーがあるかもしれない、と当てにして大荷物で劇場に足を運んでも、

すべて使用中だった・・・

ということもあります。

 

 

そうすると、大荷物を劇場の中に持ち込むことになってしまいますよね。

荷物の大きさによっては、周りの方に迷惑がかかってしまいます。

そうなったときはきっと、あなたもお芝居に集中できないのではないでしょうか。

 

 

では、周りの方にも迷惑をかけず、自分もゆったりとお芝居を集中して楽しむためには、

冬場のコートをどうしたらいいと思いますか?

 

 

もしあなたがデートなどでお芝居を観に行ったら、

ということを想像してみてくださいね。

 

 

椅子の背にかけますか?

 

もしそうしたら、周りの方、特に座席の間を通る人はどうなってしまうでしょうか?

そして、コートの厚みを目に浮かべてみてください。

コートが背もたれにあるとき、あなたの上半身はどのような状態になるでしょうか?

そして、そうなったときのあなたの後ろの席の方の視界はどうなっているか、

想像できますか?

 

 

劇場のマナーには、暗黙のルールがあるんですね。

 

 

それは、

コートも荷物も、全てを自分の席の領域内に収めること

です。

 

自分の席の領域内ということは、わずか数ミリでも隣にはみ出してはいけない、

ということなんです。

 

 

となると、置ける場所は限られてきますよね?

 

そして、今の時期は、厚みのあるダウンコートを着ていらっしゃる方が

多いと思います。

 

これが要注意なんです。

 

ダウンコートはフワフワもこもこしてます。

そうすると、何が起きるのかというと、フワフワしてるので、

ピシッとたためない、ということが起こってくるんです。

 

 

そんなとき、あなたはどうしますか?

 

 

私だったら別に袋やバッグを持って行って、そこにコートを

押し込んでしまいます。

 

 

それを他の方の迷惑のかからない場所へ置いておくと、

あなたも周りの方もお芝居を楽しめますよね♪

 

 

こんな感じで、あなたもお芝居を観るときは身の回りを整えて、

リラックスして楽しいひとときを過ごしてくださいね~

 

 

日常をワクワク、嬉しいもので埋めて、心の底からハッピーな状態が、周りから愛されるコツですよ♡

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。