ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

私たちは日本人なので、西洋から入ってきた洋服は本来なら似合わないのですが・・・

せっかく服を着るのなら、
少しでも似合うように着たい!
「その服、どこの?」と褒められたい♡
と思いますよね?

 

今日は、「似合う服」を選べるように、ポイントを3つに絞ってお伝えしますね。

 

ではさっそく。

1.「お顔立ち」に似合うこと

誰かと話すとき、大抵の人は、その人の顔周辺を見て話をします。
中には照れて顔を見てくれない人もいますが、そんな人でもチラリと一瞬、「どんな人かな」と確認するものです。

ということはまず、「お顔立ち」に似合うことが挙げられます。

お顔立ちにはたくさんの種類がありますが、代表的なものに
「フェミニン」×「ヤング」・・・女性らしい要素が強い童顔
「フェミニン」×「アダルト」・・・女性らしい要素が強い大人顔
「マスキュリン」×「ヤング」・・・男性らしい要素が強い童顔
「マスキュリン」×「アダルト」・・・男性らしい要素が強い大人顔
があります。

あなたのお顔立ちは、どんな要素が強いですか?
鏡でチェックしてみてくださいね。

 

2.「体型」に似合うこと

「体型」に似合うと、あなたのスタイルが良く見えます。
ということは、服の選び方を変えるだけで、脚が長く見えたり、バストが大きく見えたり、ウエストがキュッとしまってより女性らしく見えたり、着やせできたり、ということも叶うのです。

あなたの体を真正面から鏡で見たとき、肩幅・ウエストの幅・腰幅のバランスはどうなっていますか?

体型は、ざっくりと、こんなタイプに分けられます。
・肩幅と腰幅が同程度の幅で、ウエストがしっかりくびれている
・腰幅よりも肩幅の方が広く、ウエストのくびれが目立ちづらい
・肩幅と腰幅が同程度の幅で、ウエストのくびれが目立ちづらい
肩幅よりも腰幅の方が広く、ウエストのくびれが目立ちづらい

ぜひ、鏡で把握してみてくださいね。

 

3.「キャラクター」に似合うこと

「キャラクター」つまり、あなたの性格や内面性、個性のことです。
結構みなさん、こういうことをないがしろにしてますが、すごく重要なんですよ。性格って。

だいぶ前の話になりますが、私、柄にもなく、ビジネス合宿に参加したことがあります。
2泊3日だったのですが、3日間、私と一切しゃべらなかった人がいたんです。
私も悪かったかもしれませんが、向こうはホスト側だったので、その人から話しかけないなんて、なんだか印象悪くないですか?
私がホスト側だったら、初対面の人がいても必ず一言は話しかけるのに、と思ってしまったのです。

で、その人と、数か月後にまたお会いする機会がありました。
そしたらその人、白地に紺色の ボーダーカットソーを着て、爽やかにニコニコしてたんですよ。
初対面のときと、だいぶ印象違うな、キャラ違うじゃん、どっちが本当なの?と思いました。

私としては、初対面のときの、正直ちょっと怖い印象が強すぎて、なかなかその人に心を開けませんでした。
何が言いたいのかというと、「その服の柄、性格と違うよね?キャラ違いすぎない?」ということなんです。

ぜひ、あなたがよく選ぶ服の柄が、あなたのキャラと合ってるかどうか、他の人にも聞いてみてくださいね。

 

もちろんパーソナルカラーの服を着ることも大事なんですけど、あえて省きました。

上の3つのポイントにマッチしてるかどうか、ぜひチェックしてくださいね。

 

ますますおしゃれに磨きをかけていきましょう♡

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。