ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

統合失調症の効果的な治療法ー今年1月からの実際にあった変化について

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

今日は私の弟についてです。
病気のことを知らない人、目に見えないものを理解しようとしない人はスルーでお願いします。

 

私の弟が統合失調症と診断され、10年以上が経ちました。
その間、私たち家族はずっと悩み、弟の将来を憂いてきました。

なんとか良い治療法や薬がないかと、情報を探し回ってきました。

そんな私たちでしたが、あるとき転機が訪れたんです。

 

私は起業したんですが、全然売れなくて、技術はあるのになぜかお客様が来てくれない。
もちろん認知が少なかったせいもあったのですが、それ以上に、メンタルブロックというものがあったんですね。

 

何のメンタルブロックなのかというと、ズバリ、お金です。

 

お金のメンタルブロックはすさまじいものがあります。
それがあるだけで、稼げませんし、行動もできなくなるんです。
行動できないは、起業家にとっては致命的ですからね・・・

 

「これはマズイ!」
と思った私は、川相ルミさんという方の講座を受講することにしました。

 

この講座の詳しいことは省きますが、ルミさんの講座で習った、お金の考え方、というのがあります。
これは書籍化されるはずなので、詳細は割愛します。

 

昨年11月に引っ越しをしようと決め、まずはどうしたいかを自分に聞いたとき、
「家族みんなが安心してる状態で送り出してほしいな」
と思ったんです。

 

それに1番気にかかったのが、弟の病気のこと、お金のことです。

 

今現在でも弟の病気は治ってませんが、お金のことはほぼ解消されたんです。

 

その解消法は、父と弟に、「お金はある」に目を向けてもらっただけ。

 

まず2人は、「お金はある」という証拠を紙に書き出しました。
すると翌日に、不労所得を得る話が舞い込んできたのです。(違法なものではありません)

 

このワークをやった後、弟の調子は徐々に悪くなり、いよいよ入院させよう、という段階に入りました。
(弟は1~2年置きに1ヶ月半くらい、入院することがあります。)

 

今回もダメかも・・・
と思ったのですが、私は昨年10月からNLPを学び、
可能性を開く言葉がけ、
というのを勉強してました。

 

今こそこの声掛けを実践するときだ、と思い、弟には全肯定で接するということを意識し、父と母にも徹底してもらいました。

その声掛け、例えばこんな感じです。

遅刻したときでも、「リラックスして来てね~」です。

 

なぜかというと、相手はもう、遅刻したことを反省してるわけです。
そんな人に追い打ちをかけることを言っても仕方ないですよね。
それに急ごうと思っても、電車に乗ってたら急ぐにも限度があります。
もちろん車もしかり、ですよね。

 

そういう人に言えるのは、「気をつけて来てね」でもなく、「急いで来てね」という言葉じゃないのは分かりますよね?

 

つまり、緊張感をもって気をつけた状態で来てほしいでもなく、急いで来てほしいわけでもないんです。
ただ、安全に、とか、落ち着いて、リラックスして、という状態ですよね。

あとはその、なってほしい状態を、言葉にするだけです。

 

そして私たち3人が、声のかけ方を変えることで、今にも入院しそうだった弟の調子は徐々に良くなり、今日6月19日で、弟は仕事を2ヶ月続けられました。たぶんこんなに仕事が続いたのは、今回が初めてです。

 

お金のブロックは、川相ルミさんのブログに解消法が載っています。

 

もちろん薬の力もありますが、私たち家族にもできました。
次はあなたの番です。

 

そして、なってほしい状態になる声掛けをすること。

 

これをすれば、きっと快方に向かいます。
ぜひ今日からやってくださいね!

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。