ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【好印象を与えたい!】訪問時のマナーや常識①

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

楽しいイベントが目白押しのこの時期、訪問の機会が増えてきます♪
今日からしばらく、訪問時の注意点などをお伝えしますね。

 

1.訪問の日時を伝える

親しき仲にも礼儀あり。

どんなに親しい間柄でも、お伺いするときは前もって先方の都合を確認しておくのがマナーです。
遅くとも3日前には連絡をしておきましょう。

私は仕事で関わっている方が何の前触れもなく、突然自宅にいらっしゃり、困ったことがあります。

お相手が不在の場合もあります。
必ず調整してくださいね。

また、お食事どきや、忙しい時間帯は避けるようにしましょう。
個人宅は午後1~3時がベストです。

 

2.訪問時間

ビジネスのときは5分前に到着し、身支度をします。
プライベートでは3分くらい遅れていきましょう。

個人宅には間違っても早く着くことのないように。

あまりにも遅れそうな場合は連絡をしましょう。

お相手が忙しい方の場合は、○○分滞在します、と伝えておくと親切ですね。
時間調整や連絡を行うことで、お相手の時間を奪わずにすみます。

ぜひ、心がけてくださいね。

 

3.タクシーの場合の降車場所

2,3軒手前で降ります。
これは、馬を車の代わりにしていた時代の慣習です。

 

4.手土産を持参する

訪問相手の近所の店で調達したのでは、誠意も手みやげの珍しさも半減してしまいます。
相手の好みが分からないときは、自分がおいしいと思ったものや生花などを選びましょう。

手渡しをするときは、必ず外袋から出してお渡しします。
手土産を取り出し、右回しで相手に正面を向けて両手で差し出します。
そのとき、片手で品物を持ち、もう片方の手で底面を支えるようにして渡すようにしましょう。
「心ばかりの品ですが」などと一言添えられると良いですね。

手を離すときは、相手が持ったことを確認した後、左手から離します。
くれぐれも、片手ずつ離すようにしてくださいね。

 

まだ続きがありますが、今日はここまでです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。